漫画「ただ離婚してないだけ」1巻のネタバレ感想【よくある仮面夫婦の日常が終盤で急展開に...】
タイトルを見る限り、夫婦のヒューマン作品のように感じる漫画「ただ離婚してないだけ」

最初は、よくある仮面夫婦、不倫、クズな旦那という設定から1巻の終盤から、一気に話が展開していきます。

そういう意味では、一巻は序章として静かに始まりますが、次巻以降の布石として終盤にドキドキする内容です。



漫画「ただ離婚してないだけ」あらすじ


主人公のクズな旦那である正隆と教師の雪映は、結婚7年目の仮面夫婦。

子どもができなかったせいもあって、関係は完全に冷め切った、まさにいるだけ状態。

当然のごとく、クズ旦那には未成年(17)の不倫相手がいるというベタな展開なんですが...

単なる不倫、妊娠・中絶から始まり、怒涛の展開が始まるサスペンスストーリーです。

漫画「ただ離婚してないだけ」1巻のネタバレ


1巻は、結婚7年目の夫婦の冷めた日常から始まります。

夫の正隆はフリーのWebデザイナー。妻の雪映は高校教師。


この二人の関係は、まさに漫画のタイトル通り「ただ離婚してないだけ」

そして、未成年の不倫相手を妊娠、中絶させてしまいます。



不倫相手とは別れるのですが、まぁそう簡単にはいきませんよね...

不倫相手が、正隆の家に押しかけてきて...ここから話は急展開に!


漫画「ただ離婚してないだけ」1巻のポイント


1巻のポイントは、漫画の設定と今後の重要な展開が始まります。

この漫画読んでみようかな~と気に入っている人は参考になると思います。

ポイント1:とにかく旦那がクズ



この夫がとにかくクズ野郎なんです。


17歳の未成年と不倫、仕事もどこか適当な感じ。考え方もクズ。まさにキングオブクズ。

話は、この旦那の目線で描かれているので、卑怯さや勝手な願望といったクズっぷりがうまく表現されています。


男性側から見ると、気持ちはわからないでもないのですが、女性的にはかなり男性の「いや~な」部分を感じることができます。

そういう意味でも、自分の勝手な理屈で不倫をするような典型的なダメ男なので、そんなダメ男にひっかからないように女性が勉強しておくのにもこの漫画は役に立つのかもしれません。


ポイント2:現実のリアルが伝わってくる


この夫婦が冷えた関係になってしまったのは、子どもができなかったからです。

そういう夫婦って実は現実にもたくさんいるそうです。


子どもができたとわかったとたんに、不倫相手を清算して家族を大切にする。

まぁ、ありがちですよ。
やっぱり夫婦だけで何年もってのは限界ありますから。

私のうちだって子どもがいなければ、いい関係で家族がいられるかどうかはわかりませんからね。


ポイント3:実は夫婦のヒューマンドラマではなかった!?


前半部分は、正隆のクズっぷり、と不倫相手とのやりとり...

と、よくある不倫を絡めた家族ドラマといった様相。


そして、後半には怒涛の展開がまっています。


不倫相手の暴走から、家への突撃。

そしてこの先どうなるのかまったくわからなくなる普通ではない展開。

もう最後にはよくあるヒューマンドラマとは全く言えない展開へ突入していきます。


漫画「ただ離婚してないだけ」1巻の感想


タイトルから、夫婦の関係がテーマだと思って読み始めると、良くも悪くも完全に裏切られます。


ある意味、タイトル間違ってるんじゃないか。と思うような予想外の展開が始まります。

ヒヤヒヤする展開になっていくので、ヒューマンドラマよりもドロドロな展開が好きな人にはおすすめできます。

逆に家族の夫婦の関係をどう修復、構築するかという話が好きな人にはおすすめできません。


犯罪系の話になっていくので、エグい表現がでてきます。


最初はありがちな設定ですが、読んでいくうちにドンドン読み進めたくなってきます。


ちょっと読んでみようかなという人は、絵柄も好き嫌いがあるようなので試し読みでチェックしてみてください。


おすすめの記事