【漫画】領民0人スタートの辺境領主様 ~青のディアスと蒼角の乙女~ のネタバレ&感想【ちょっとお馬鹿で誠実な英雄は立派な領主になれるのか...】
戦してこなかかった、無学の英雄は、なにもない草原から辺境の地を開拓することはできるのか!?

この記事では、なろう系小説発の辺境スローライフ物語「領民0人スタートの辺境領主様 ~青のディアスと蒼角の乙女~」のネタバレや感想について紹介します。

「領民0人スタートの辺境領主様」のあらすじ&ネタバレ


長きにわたる戦争で活躍した“救国の英雄”ディアス。

国王から与えられた褒美は辺境の領地だった。

戦うことしかしらない無学のディアスは、領主としてなにをしたらいいかまったくわからなかった。

与えられた領地に着いたディアスだったが、そこには広大な草原が広がっているだけで人も住んでいなかった。

そこへ、現地で暮らす鬼人族の少女・アルナーと出会う。

愚直で少し抜けたところのあるディアスだったが、鬼人族にその誠実さが認められ協力してもらえることに。

村の長の命令で、いやいやながらもディアスにつきそうアルナー。

村づくりについて何も知らない2人は、無事に領民を増やして領地を発展させることができるのか?

「領民0人スタートの辺境領主様」のここが面白い!


憎めないおバカディアスが憎めないw


主人公のディアスは先の戦争で活躍した英雄ですが、戦いのことしかわからないので、話の中でいろいろと抜けたところがあります。

それでも、誠実な人柄とやさしさを兼ねそろえた、いわゆる天然いい人キャラなのでついつい応援したくなってしまいます。

鬼人族のツンデレ娘 アルナーがかわいい


最初こそ、敵意むき出しでディアスに近づいてきたヒロインのアルナーでしたが、ディアスが恐ろしく強く、狩りが得意なことで一気に好意を寄せていきます。

もうちょっとツンデレを引っ張っても面白いかなーとも思いましたが、デレた後のアルナーがかわいいのでよしとしましょう。

何もない領地を発展させる開拓ストーリー


魔物や胸糞の悪い兵士などは出てきますが、今のところは何もない草原から生活基盤をつくって領民を増やす開拓ストーリーになっています。

どうやって生活していくのか?領民はどうやって増やしていくのか?これからの展開が楽しみです。

「領民0人スタートの辺境領主様」の感想


まだ1巻しか出ていないので、この先の展開次第という前置きはありますが、設定や登場するキャラに個性があって、はっきり言って面白いです♪

漫画版の絵もシンプルで見やすいので、違和感なく読み進めることができます。

Amazonのレビューでも軒並み評価が高いので、気になった人は試し読みしてみてはどうでしょう。

強くてお馬鹿なディアスの魅力に取りつかれること請け合いです。

「領民0人スタートの辺境領主様」の最新刊は?


「領民0人スタートの辺境領主様」が直近で発売されたのは2019年6月12日の1巻です。

まだ1巻しか発売されていませんが、今の執筆ペースだと2巻の発売は2019年の11月下旬~12月中旬ごろの予想です。

続きが楽しみですが、期待して待ちましょう。

おすすめの記事