【漫画】「おっさんのリメイク冒険日記」のネタバレ&感想「おっさんでも異世界で俺TUEEEできる...?」
アラフィフィのおっさんでも異世界を生き抜くことができるのか...?

人生を悲観し始めたおっさんが、オートキャンプ中に異世界に飛ばされた..!

おっさん力を生かして異世界で生き抜くことはできるのか?

この記事では異色のおっさん異世界移転マンガ「おっさんのリメイク冒険日記」のネタバレや感想を紹介します!

「おっさんのリメイク冒険日記」のあらすじ&ネタバレ


アラフィフのおっさんになるまで働き続け、体を壊して会社を退職。

その後は引き籠もって貯金を食いつぶす生活だった主人公。

オフロード車を買ってキャンプに行っている途中でなぜか異世界へと飛ばされてしまう。

物質の無限収納やコピーが可能と知り生きていくことには問題なかったが、のん気に肉を焼いていたところを魔物に襲われてしまう。

このまま森にいるのは危険と感じたため街を探し始める

身分証がないため、街へ入ることはできなかったが代わりに近くの村を教えてもらう。

なんとか村に入れてもらう主人公だったが、その村に盗賊団が襲ってきます。

多くの盗賊団をバタバタをやっつけた主人公のアルフォンスは、盗賊団をやっつけた功績から身分証を手に入れることができた。

身分証ができて王都に入ることができたアルフォンスは、冒険者ギルドに登録しEランク冒険者としてスタートすることになる...

「おっさんのリメイク冒険日記」の感想


おっさんが異世界に飛ばされてって展開の異世界ものが無いこともないんですが、車を持っていたり銃(出るのは魔法)を使えたり現代の物質を自由に使えちゃうのはなかなかないですね。

最初はうまく力も使えないので、魔物や盗賊が襲い掛かってきても逃げたり、偶然倒したりで全然無双感はありません。

こういった制限された能力で工夫して生き抜く系のストーリーは私は結構好きです。

そのうち魔法を覚えたりするので、だんだんチートが際立ってくるのですがそのころには見どころが変わってきます。

チートだからと言って好き勝手できるわけではなく、やはり身分の差でつぶされる危険も描かれているので単なるチートよりも展開があって面白いと思います。

粗を探すと、せっかくおっさん設定なのにすぐに若返ってしまい、おっさん設定がすぐに意味をなさなくなってしまうという残念さもあります。

もっとおっさんキャラを活かしてもよかったかなぁ^^;

結構、読む人によって評価がわかれそうな作品なので興味をもったら、最初は試し読みでチェックするのがいいかもしれません。
おすすめの記事