【漫画】「地味な剣聖はそれでも最強です」のネタバレ&感想「地味でも最強が面白い!」
ひたすら地味...だけど面白い!

修行も地味、戦い方も地味..ついでに名前も地味...

どうやってストーリーをつくるかというと周りの人間を魅力的にするしかないですね。

ひたすら地味な主人公の地味なストーリー「地味な剣聖はそれでも最強です」のネタバレや感想を紹介します!

「地味な剣聖はそれでも最強です」のネタバレ&あらすじ


あまりに古風すぎる名前から、神様に間違って寿命のロウソクを消されてしまった高校生の白黒山水。

代わりに別の世界で最強になるべく紹介状を書いてもらう。

神様の紹介状を仙人のスイボクに渡し、弟子にしてもらう。

しかし、最強になるための修行には500年の月日が必要だった...

500年の月日がたったころ、森に異物が侵入したことを感じとる。

そこには狼に襲われた人間がいた。

母親はすでに手遅れだったが、抱いていた赤子は無事。

そこで、修行の一環として人の世で山水が育てることを師匠から命じられる。

赤子を連れて王都を目指す山水だったが、四大貴族の一角ソペード家の馬車をまたいだことで謝罪をさせられる。

仙人の不思議な力をお嬢様に見初められた山水は、付き人としてソペード家に就職することができた。

山水は、ソペード家で働きながら無事に赤子を育てることができるのか? 地味な剣術でどんな展開がまっているのか...?


「地味な剣聖はそれでも最強です」のここが面白い!


戦いは地味だか最強でスカッとする


必殺技も派手な魔法もなく、戦いはきわめて地味。常にお嬢様から「地味な戦い方」と言われてしまう山水だが、物語の中で苦戦する場面は1つもなし。

どんな相手でもスパッとやっつける様が爽快です。

500年の修行の成果は単なるチートじゃなかった


チートを与えられて無双するのが、異世界転生の常識ですが500年の修行に裏打ちされた実力派チートをも凌駕します。

2巻から、チート能力をもった人物が登場しますが、そんな相手にも地味に寄せ付けません。現世でいくら修行してもやはり500年には勝てず、生きているうちには追い越せないんだろうなぁと実感させられるほど強いです。


「地味な剣聖はそれでも最強です」の感想


転生して俺TUEEEのよくある転生ものかと思いきや、いきなり修行に500年とは驚きでした。

師匠との修行が数ページ程度だったので、もう少し伸ばしても面白かったかな~と思います。

とはいえ、そこはメインではないのでやはりしかたないですが。

漫画だと2巻まで出ていますが、最強の師匠をもっとスポットしてもいいのにな...と思っていたところに、再登場で結構うれしかったです。

お嬢様はらまにイラっとくることがありますが、各キャラに特徴があるので読んでいて違和感なく楽しめる展開になっています。

地味な最強ですが、気になったら試し読みでチェックしてみてください!
おすすめの記事