【漫画】『転生貴族の異世界冒険録』1巻無料あらすじ【チートすぎる能力が与えられました...】
神様から加護をもらいすぎたら、貴族はどのように生きていくのか・・・?

この記事では、転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使徒~の1巻のネタバレや感想を紹介します♪

あらすじ


現世で暴漢に刺されて死んでしまった椎名和也は、想定外の死で輪廻を外れたため、エスフォート王国の上流貴族の三男カインとして剣と魔法の世界へ転生する。

この世界の慣習により、5歳の誕生日に洗礼を受けると、そこで神々のさまざまな加護を授けられチート過ぎる能力が与えられた!?

チート過ぎる能力を与えられたカインは、貴族としてどんな人間と出会い、この先どんな運命が待ち受けているのか...

ネタバレ感想


異世界転生もので定番のチート能力。

『転生貴族の異世界冒険録』でも、当然チート能力がいかんなく発揮されます。しかも貴族という家柄も文句なし....

はっきりいって、うらやましいです。

しかしチート能力を隠して少なく改ざんしてもなおすごすぎるという、ちょっとやりすぎな感じですが、どうもこの能力は創造神たちの思惑があるようです。

その思惑は、まだ出てきていないのでわかりませんが、なにかもっと世界の根幹にかかわるような魔王やドラゴンなんかがいるのでしょうか? 今後に期待ですね。

ざっくりあらすじを書くと、

現世で通り魔に刺されて死亡した主人公が、剣と魔法が使える異世界へ3歳で転生しました。

5歳のときに洗礼を受けて、スキルを把握できるのですがせっかちな主人公のカインは勝手に魔法の練習を始めてしまいます。

え。。。3歳で?

う....うん転生前の記憶を持っているからね。しかたないね。

5歳で洗礼をうけますが、そこででてきた神様はカインが椎名和也(転生前の名前)だと知っていました。

そこで、チート能力である、さまざまな神の加護をもらうというわけです。

さて、『転生貴族の異世界冒険録』の1巻では、序章なのでカインの出生や今後の展開のための布石だけで終わりです。

とにかく、能力がどんだけチートなのかという説明です。

最後に神が、

「16歳までに全ての生物の中で大陸一の強さになっていなければならない」

とつぶやくのです。

なぜ16歳までに生物最強にならないといけないのか?

いいところなんですが、続きがが気になりますね~

カインが「冒険者になりたい」と言っていたので、冒険者になるんでしょうが、ギルドに登録できるのは12歳から、まだ1巻ではカインは10歳なのでそれまでなにをするのか? どう進むのか今後が期待できます!


おすすめの記事