オルニチンは腎臓にも効果があった!腎機能をアップさせる理由とは

オルニチンは、アルコール対策や朝の目覚めなどによいとして有名ですが、腎臓にも関係があります。

クレアチニン値を下げたい、腎臓に不安があるなど腎機能を改善したいと考えるならオルニチンを摂取することを検討してみてもいいでしょう。

肝臓と腎臓は密接な関係が

肝臓の重要な働きとしてアンモニアの解毒があります。多すぎて肝臓で処理できなかったアンモニアが腎臓へと行くので処理できないアンモニアが多くなると腎臓の負担が大きくなります。

アンモニアを発生させる原因としては、アルコールがあります。お酒をたくさん飲むとアルコールの分解に肝臓が忙しくなるため、アンモニアの分解が十分にできなくなってしまいます。

さらに普段から飲みすぎやストレスなどで肝臓が弱っていればアンモニアの解毒はスムーズにできていないため、やはり腎臓に負担がかかるのです。

オルニチンの腎臓への効果

オルニチンは肝臓によいことで知られていますが、腎臓にも良い影響を与えます。オルニチンが直接腎臓に働きかけるわけではないので腎臓の修復などはできません。腎臓には以下のように影響を与えるとされています。

腎臓の働き軽減する

肝臓と腎臓には同じ「アンモニアを分解する」という機能があると説明しましたが、オルニチンは、肝臓の働きをサポートするので肝臓内でアンモニアを無毒化する効率が高まるのです。

肝臓で処理できるアンモニアの量が増えると、当然のことながら腎臓で処理しなければならないアンモニアの量が減ることになり腎臓への負担は軽くなります。

クレアチニン値を下げる

健康診断の数値で目にすることがある「クレアチニン」クレアチニンとは体内の老廃物のことです。

クレアチニンの数値が高くなっていると、本来ならば腎臓でろ過して老廃物を取り除くべきなのに腎機能が弱って働きが悪く血液や尿の中に老廃物が多く溜まっていることになります。

オルニチンには、肝臓、腎臓の働きを助けるため本来の働きを取り戻すことでクレアチニン値を下げることが可能になるのです。

腎臓の働きをよくするその他の成分

オルニチンは肝臓をサポートすることで間接的に腎臓の働きを助けることはわかりました。その他の腎臓をサポートできる栄養素は以下のようなものがあります。

シトルリン

スイカなどに含まれるシトルリンは、アミノ酸の一種です。オルニチンと同じようにアンモニアの解毒を促すオルニチンサイクル(尿素回路)を構成します。そのため、肝臓や腎臓の働きを助けることが可能。さらにシトルリンには利尿作用があるため、腎臓の負担を軽減します。

シトルリンは腎臓に対する作用よりも、精力や活力に対する作用があるとして人気のある成分です。腎臓をケアしながら活力をアップしたいという人にはうってつけの成分でしょう。

ノコギリヤシ

ノコギリヤシはヤシ科の植物でヨーロッパでは医薬品として使われるほど効果がはっきりとしています。主な効果としては男性の前立腺肥大症の改善なので直接腎臓に効果をおよぼしません。

ただし、前立腺肥大で起こりうる膀胱炎などの膀胱や尿に関わる腎臓の合併症を防ぐことができるので、結果的に腎臓によい成分ということになります。

ペポカボチャ

頻尿対策や尿漏れの悩みなどには必ず登場するペポカボチャ。尿に関連する成分は当然腎臓にも有効です。腎炎、腎線維化、急性腎不全といった腎臓に関わる病気は活性酸素が関わるため抗酸化作用があるペポカボチャは腎臓によい成分とされるのです。

実際に慢性腎臓病には抗酸化作用の強いビタミンEを使った抗酸化療法が行われる場合もあります。

オルニチンサプリメントで腎臓をケア

オルニチンで腎臓をケアできることがわかりましたが、オルニチンを食品から摂ることはほぼ不可能です。なぜならオルニチンを多く含む「シジミ」でさえ効果を発揮するためのオルニチン量を摂るには数百個を食べないといけないからです。

さらに論文などによると、オルニチンは継続摂取でさらに効果がでるので毎日数百個のシジミをたべるのはとても現実的ではありません。サプリメントなら、毎日多くのシジミを調理する手間も買いに行く手間もいらないので手軽にオルニチンの恩恵をうけられます。

 
オルニパワーZn
オルニチンの配合量が業界トップクラスの800mg、広島産牡蠣による亜鉛とアスタキサンチンも同時に配合で不足しがちな栄養素を摂取することが可能です。オルニチンで肝臓をケアして腎機能の負担を減らすことで腎臓をサポートできます。

 

クレアギニンEX
クレアギニンEXはシトルリンを始めとして、トコフェロール、ペポカボチャといった成分を29種類も配合しています。腎臓に関するサプリという意味では、ほとんど出回っていないので貴重なサプリです。