オルニチンに副作用はあるか?

2499b08df1151131503024f0afc36b17_sオルニチンは、疲労回復やダイエット効果で注目されている成分です。しかし、サプリメントや健康食品で摂取する場合は副作用が気になる方も多いのではないでしょうか。

オルニチンは、もともとしじみやエノキダケなどの食品に含まれている成分なので人体に問題はありません。しかし、これらの食品に含まれているオルニチンは疲労回復などの効果を得るための必要量にはとてもとどかないため、サプリメントでの摂取が推奨されています。

ではサプリメントでオルニチンを摂る場合ですが、現在までオルニチンの摂りすぎによる副作用というものは報告されていません。ある実験では、オルニチンを毎日7g程度摂取しても副作用がでないと報告されています。

サプリメントで摂る場合の注意点

サプリメントや健康食品でオルニチンを摂取する場合は、7gという量を摂取する事は考えにくいです。その為、副作用は心配する必要はありません。

ただし、いくら体にいいとは言え過剰に摂取することはしないほうがいいでしょう。7gというとかなりの量ですが、サプリメントなどにも推奨量がありますので用法をまもって飲むことが最も効果のでる方法です。

オルニチンに限らずアミノ酸の過剰摂取は、体質に合わない場合に胃痛や下痢がおこる場合があります。その為、胃腸が弱い方や過去にアミノ酸の摂取でおなかを壊した経験がある方は少量からの摂取を心掛けましょう。

サプリメントや健康食品を使う場合は、500mg程度から摂取を開始します。もし、体調に問題がない場合は摂取量を少しずつ増加させていきます。通常オルニチンは、毎日1000mgから2000mgほど摂取される方が多いです。オルニチンは、遊離アミノ酸ですので体内に蓄積されるわけではありません。

食品から摂取できるオルニチンについて

サプリメントや健康食品を使う方は、食品から摂取する事ができるオルニチン量を気にされる方もおられます。しかし、食品に含まれるオルニチンの量はわずかです。

含有量が多いシジミでも、100gにつき10mgから15mg程度です。普通の食生活を送っている方は、食事だけでオルニチンの過剰摂取になる事はありません。

その為、サプリメントや健康食品を使う場合にも、食事で摂取するオルニチンの量は気にする必要がないと言えます。オルニチンの1日あたりの摂取量目安は、肝臓機能の維持が目的の場合1000mgから1500mg程度の摂取が良いと言われています。

また、ダイエット目的の方は2000mgから3000mg程度を目安に摂取しましょう。