オルニチンサプリの徹底比較ガイド

お酒や疲労回復にいいと最近話題になっているオルニチン。まだあまり聞いたことがないという人も多い成分ですが、しじみなどを中心に日常的な食べ物の中にも含まれています。

江戸時代から「しじみ」の健康効果はよくしられていたので、しじみ売りがカゴを担いで売り歩いていたといいます。さながら現代でいう天然のオルニチンサプリの先駆けともいえる商売です。

現在では、「しじみ」の健康効果は摂取できる成分のひとつオルニチンが健康のために有効であることがわかっているので、オルニチンはサプリメントや健康食品として配合されることが多くなってきています。オルニチンサプリがおススメなのは、

飲み会の多い人
朝スッキリ起きれない人
疲れがなかなか抜けない人

特にお酒を多く飲む、または甘いものを良く食べて肝臓が疲れているような人はオルニチンサプリで健康を維持できる可能性が高いです。このサイトでは人気のオルニチン サプリを厳選して紹介しますので参考にしてください。

オルニチンサプリを選ぶポイント

 オルニチン含有量が多いこと
オルニチンの1日の摂取目安量は、500~1000mgといわれています。オルニチンの含有量が最も多いしじみでいうと、140個~300個程度食べなければ到達しません。足りない分をサプリで補うのですが、含有量が少ないと多量の粒を飲まなければならないことになります。

setumei

 国内工場で生産され品質がいいこと
サプリメントの品質を保つには、安全性の高い国内工場で製造する必要があります。海外で生産されるサプリメントは、品質管理の点でどうしても国内工場にはかなわずバラツキがでてしまいます。オルニチンサプリもモチロン国内工場で製造されたものがおススメです。

 添加物ができるだけ少ないこと
サプリメントで問題になるのは、着色料や保存料などの添加物です。サプリメントのカプセルを作るために多少の添加物は必要になりますが、できるだけ余計なものは入れないという姿勢が大切です。添加物の使用に細心の注意を払ったオルニチンサプリを販売する会社なら信頼のおける会社といえるでしょう。
天然由来成分のオルニチンサプリの方がいい?

サプリメントでは、シジミや牡蠣などの天然由来の成分が良いと言われることがあります。オルニチンサプリに関してはオルニチンの含有量が自然の食品には微量しか含まれていないため、効果がでるほどの必要量を天然素材から抽出するのはほぼ不可能です。

しじみ由来の成分から抽出したオルニチンサプリもありますが、しじみから抽出するとオルニチンサプリの1粒に対するオルニチンの量がせいぜい10mg~20mg程度までしか凝縮できず、オルニチンサプリとしては量がまったく足りません。

オルニチン サプリの比較表

商品名 オルニチン
含有量(1回当り)
添加物などの使用 生産工場 他成分含有量
single_r
800mg
double_r
問題となる添加物なし
double_r
国内GMP工場
double_r
牡蠣(亜鉛)
アスタキサンチン
1回分でオルニチン800mg、亜鉛12mgを配合しているのでオルニチンの量としては十分です。肝臓のケア、目覚め改善などにはかなり有効です。さらにアスタキサンチンも配合しているのでお得感は慢性です。製造しているメーカーはサプリや健康食品で有名なステラなので漢方なので安心です。
single_r
300mg
double_r
問題となる添加物なし
double_r
国内GMP基準認定工場
double
酵素
ショウガオール
バイオペリン
オルニチンダイエットを目指す人向けのサプリメントです。オルニチン300mgを配合した上に穀物発行エキスの酵素や金時ショウガ末などを配合し年齢を重ねるごとに減っていく燃焼成分、活力成分をサポートできます。さらに、特許成分の「バイオペリン」は同時に摂取する栄養成分の力をサポートできるので単体でオルニチンを摂るよりも多くの効果が期待できます。
single_r
300mg
double_r
問題となる添加物なし
double_r
国内ISO認定工場
double
亜鉛
グリコーゲン
クルクミン
牡蠣のエキスにオルニチンを配合したオルニチンサプリです。牡蠣由来の原料を使用しているためサプリに配合されているのはオルニチンだけでなく牡蠣エキスの栄養素がたっぷりと含まれています。オルニチンで肝臓をケアするというより亜鉛を中心とした総合的な健康増進を期待する人向けのオルニチンサプリです。
double
1002.9mg
batu
着色料としてカラメルや酸化チタンが使われている
double
国内工場
double
アルギニン
リジン
DHCのオルニチンサプリは、他のサプリメントよりもオルニチンの含有量が多いのが特徴です。またコンビニやドラッグストアで手軽に買え、コスパがいいのが特徴です。このサプリも自然の食品由来ではなく化学的な合成法でサプリを生成しています。唯一残念なのが、サプリメントに着色料を使っている点です。そういう意味ではサプリの製造への姿勢に疑問が残ります。
triangle
約220mg
double
問題となる添加物なし
hatena
記載なし
double
アリシン
ビタミンB1
自然の食品であるシジミとにんにくのエキスを同時に配合しているため、オルニチンだけでなくシジミやにんにくの栄養成分の摂取がポイントのサプリメントです。にんにくでスタミナアップができるほか、シジミのオルニチンで肝臓スッキリ、二日酔い対策と健康を重視する人向いています。
nagatanien
永谷園 オルニチン(販売終了)
triangle
100mg
hatena
記載なし
double
国内工場
double
クルクミン
葛の花
大手食品メーカーの永谷園から出ているオルニチンサプリということで期待値は高かったのですが、配合されているオルニチンの含有量が少なく肝臓や二日酔い対策への効果に疑問があります。現在はこのサプリの発売は終了しています。
オルニパワーZnプラス
初回特別価格 500円(税込)
会社の信頼度
1袋のオルニチン配合量
24000mg(30日分)
1日あたりのオルニチン量
800mg
商品のその他特徴:
 亜鉛、アスタキサンチン、牡蠣エキスなどの成分も配合
 1日約16円~でコスパもよし
 30日間の安心返金保障

button_002

オルニパワーZnの評価

オルニチンの量が協和発酵バイオ オルニチンと同じ800mgで業界トップクラス。オルニチンの量にも加えて、亜鉛を12mgと成人男性の必要量まで配合した活力系トータルサプリメントとして今かなり人気がでているサプリです。

特に亜鉛は牡蠣エキスも配合しているため、ビタミンやミネラルといった様々な栄養素が摂取でき、オルニチンの効果だけではなく毎日の健康に気をつけながら肝臓やお酒のサポートをしたいという人に向いています。

提供している会社もサプリメントで有名なステラ漢方なので、製造や品質も安心。また、他のオルニチンサプリメントにはない30日間返金保障もついているので、万が一自分に合わなかった場合にも「失敗した!」とがっかりすることはありません。

リボディ25000
定期コース初回特別価格 990円(税別)
会社の信頼度
1袋のオルニチン配合量
9000mg(30日分)
1日あたりのオルニチン量
300mg
商品のその他特徴:
 酵素、金時ショウガ末とダイエットを成功させる成分が豊富
 特許成分のバイオペリンで各成分の効果を底上げ
 国内GMP認定工場、放射性検査で安全安心

button_002

リボディ25000の評価

オルニチン、酵素、金時ショウガと年齢を重ねると減ってしまって痩せにくくなる体質をサポートし、体をスッキリさせる成分が中心になっています。そのため、オルニチンダイエットを目指す人やなんとなく毎日どんよりした気分をシャッキリとするのに適しています。

オルニチンの配合量は1日分で300mgですが特許成分のバイオペリンを配合しているため通常のオルニチンを単体で摂取するよりも成分の効果を得やすくなっておりオルニチンの量としては問題なさそうです。

販売している株式会社ECスタジオは多くのサプリメントを販売しており、口コミでも評価の高い販売業者なのでそういった面でも安心して続けられるサプリメントです。

pure
プレミアムオイスター
とくとくコース初回特別価格 980円(税込)
会社の信頼度
1袋のオルニチン配合量
9000mg(30日分)
1日あたりのオルニチン量
300mg
商品のその他特徴:
 亜鉛、ビール酵母、ビオチンなどの成分も配合
 ISO9001認定工場で最高レベルの品質管理
 定期コースでの継続率は92%で満足度が高い

button_002

プレミアムオイスターの評価

このサプリは、オルニチン以外にも亜鉛サプリとして人気があります。オルニチンを配合しているのでオルニチン サプリとして紹介しています。オルニチン以外に亜鉛、ビール酵母、ビオチン、クルクミンなどの健康に有用な成分を配合しているので、お酒のあとの健康増進や寝起きスッキリ、二日酔いの対策などをサポートします。

オルニチンの配合量は1日分で300mgと他のオルニチン サプリより少ないので、純粋にオルニチンのサプリだけを試したいという方には向かないかもしれません。

このオルニチン サプリを販売しているメーカーは、大手ではありませんが健康食品を販売する専門の会社なので特に問題ないでしょう。製造工場は、ISO9001の認定工場で生産工程を厳しくチェックしているので安心です。

sijimi_package
しじみにんにく極
定期コース利用 1,782円(税込)
会社の信頼度
1袋のオルニチン配合量 6600mg(30日分)
1日あたりのオルニチン量 約220mg
商品のその他特徴:
 オルニチンの他にしじみ、にんにくエキスを配合
 定期コースで1,782円はほかと比べて安価
 楽天のレビューで評価が高く評判がいい

button_002

しじみにんにく極の評価

自然由来のしじみエキスやにんにくエキスにオルニチンをプラスし19種類のアミノ酸を配合、スタミナやパワー、目覚めスッキリ、ダイエット、二日酔いといった総合的な体調に配慮したサプリです。

オルニチン サプリというほどオルニチンの配合量は多くありませんが、1日でしじみ500個分のオルニチンを摂れるのである程度はオルニチンのパワーを実感できるでしょう。

朝の目覚めやお酒の翌朝のスッキリ感に、毎日の健康増進を考える人にはオルニチンだけのサプリよりこのサプリの方がいいかもしれません。販売数は150万袋で楽天のレビューでも高評価になっているので、試してガッカリということは少ないでしょう。

オルニチン サプリの口コミ抜粋

では実際にオルニチン サプリを飲んだ人の口コミを見てみましょう。良い口コミでは二日酔いをせずに朝の目覚めがスッキリしたという感想が多いようです。ただしサプリメントの商品によっては粒の味に独特の特徴があって体質的にダメな人もいるようですね。

オルニチン サプリの良い口コミ

3ヶ月間飲んでいます。飲んですぐに実感するほどではありませんが、目覚めがよくなり寝起きがつらくないと実感できました。

なんとなくスッキリしているなという感じです。お酒を飲んだ次の日はいつもつらかったのですが、かなりラクになって飲んでよかったと思います。
いつも朝起きるのがつらかったので試しにオルニチンを試してみました。飲んだ次の日はすごく楽に起きれるようになり、かなり即効性がありました。今は定期購入し毎日飲んでいます。
お酒を飲んだ次の日にボーっとすることが多いので試してみました。最初の1週間ぐらいは特に違いは感じなかったのですが、1週間過ぎたあたりから朝の目覚めがラクになっているような気がしてきました。もう少し続けて様子を見てみたいと思います。
オルニチン サプリの悪い口コミ
以前はすっきり起きられたのに、最近になって寝起きが悪くなってきたので、お試しでオルニチンのサプリを飲んでみることにしました。

お試しパックで購入しました。初めてサプリを口に含んだときの味がダメですぐ飲めませんでした。続けてみたかったのですが、とても飲めないので数日で止めてしまいました。

テレビで販売しているオルニチンサプリをお試しで購入しました。効果を実感できたという人も多いようですが、私には合わなかったです。
サプリを飲むと胃がムカムカしたのです。サプリのせいかわからなかったので、さらに飲み続けましたが、飲むたびにムカムカするので同じでした。

オルニチンサプリはいつ飲む?

サプリメントにはいろいろな種類がありますが、一般的にサプリメントは薬ではないので飲みかたというものは指定できません。成分自体は食品という扱いなので健康を維持するために、それぞれの人に合った飲みかたでいいのです。

ただし、1日に何度も飲んだり、決められた数よりも明らかに過剰な量を摂取したりすると下痢になったりアレルギーの原因となる場合もあるので適切な摂取が必要です。

二日酔い、飲み会対策の場合

オルニチンのサプリを飲んだ後のスッキリ感、翌朝のボーっとした状態を回避したいために摂取するという人はアルコールを飲む前、飲んだ後のどちらでもオルニチン サプリの効果はあります。ただお酒を飲んだ後は忘れやすいので、できるだけお酒を飲む前に摂取する方がいいでしょう。

運動後、健康維持の場合

また、運動後の疲労回復、毎日の健康維持のためにオルニチン サプリを摂取するという人は飲み忘れを防ぐため食後に決めて飲むと飲み忘れなく摂取することができます。もちろん食前でもかまわないのですが、そもそもサプリメントには即効性がないので食前の場合はいつも食前と決めて数か月は飲み続けるようにしてください。

オルニチン サプリの副作用

オルニチンサプリメントの副作用や摂取時の問題点は現時点では特に報告されていません。ただし過剰摂取には注意が必要です。これはオルニチンに限ったことではありませんが、10gを超えるほどのアミノ酸を摂取をすると胃腸の不調 (腹痛、痙性胃痛、下痢) が起こる場合があるとの報告があります。

サプリメントに配合されているオルニチンの量は多くとも1000mg程度なので10g以上というのは、よほど大量に摂取しなければありえません。そのため通常の使用方法では副作用や問題点はほとんどないといえるでしょう。

オルニチンについてもっと知る

オルニチンとは

69cf581d40a572487933348011186046_sオルニチンはアミノ酸の一種で、アルコールの分解など肝臓の働きを促進させています。シジミなどの食材に含まれており、食事で補給する事もできます。

オルニチンにはアルコールの分解サポートの他にも疲労回復効果やデトックス効果といった、さまざまな効能があります。

アミノ酸は、体内のタンパク質の中に多く存在しています。しかし、オルニチンは遊離アミノ酸で血中に存在しており、血液とともに体内を巡っています。肝臓では、有害物質であるアンモニアの分解をおこなう重要な役割をしています。

オルニチンの効果

オルニチンは、肝臓の働きを助ける非常に優秀な成分で解毒作用、疲労回復、美肌、ダイエット、持久力アップ、二日酔いの軽減などの様々な効果をもたらしてくれます。

オルニチン サプリを摂る人の目的として多いのが、二日酔いの軽減や疲労回復効果です。体内のアルコールの分解や解毒をサポートするのでお酒をよく飲む人でもつらい二日酔いを抑えて朝スッキリ起きられると評判です。サプリメントは効果に個人差がありますが、一度は試してみたいサプリメントの一つです。

オルニチンの肝臓への効果は

オルニチンが肝臓によいことはわかっていますが、どのように肝臓にいいのでしょうか?

まず、肝臓は体内から摂取された体にとって悪いものを無毒化する働きがあります。例としてはアルコールの分解があります。肝臓がアルコールを処理できないと、アルコールが血液中に入り込み体内にめぐってフラフラになってしまいます。

オルニチンは、そういった肝臓の働きをサポートするので、肝機能を向上させて二日酔いや疲労を回復できるのです。特に、食べ過ぎや飲みすぎで肝臓に脂肪が溜まる脂肪肝にもよい効果があります。

脂肪肝は進行すると、肝臓病や肝硬変になってしまうのでオルニチンで肝臓の機能をたかめて予防することが重要になってきます。

食事やサプリメントでオルニチンを摂取すると

オルニチンを食事や健康補助食品で口から摂取すると、まず腸で吸収されます。それから、肝臓や腎臓、筋肉などに運ばれていきさまざまな働きをしています。肝臓では、アンモニアを代謝する活動を促しています。これはオルニチンサイクル(尿素回路)と呼ばれており、アンモニアのデトックス効果になります。

アンモニアは、身体エネルギーや脳活動エネルギーの生成を妨げます。オルニチンはアンモニアのデトックスを促す事で、人間の活動に必要なエネルギーが作られる事を助けています。

遊離アミノ酸はどんな働きをしているの

オルニチンは遊離アミノ酸の一種ですので、身体の中のタンパク質にはなりません。体内を血液によってアミノ酸の形のまま巡る事で、各組織で重要な働きをしています。遊離アミノ酸には、オルニチン以外にも種類があります。遊離アミノ酸は体内組織の中で手持ちのアミノ酸が足りなくなっていると、その組織のアミノ酸の補充をおこなう役割を担っています。

WS000061

また、組織中の遊離アミノ酸が多くなると、血液中に戻り全身を巡ります。遊離アミノ酸は、人間が骨や筋肉など生体維持に必要なタンパク質形成に必要不可欠なアミノ酸の不足を支える存在です。オルニチンは肝臓や腎臓、筋肉などでも働いていますが、遊離アミノ酸として各組織の予備アミノ酸としても役割を担っています。

オルニチンはアミノ酸の一種

84d7ac39146b19675845c06ffbd8f9e6_sオルニチンは肝臓で働くアミノ酸の一種です。体内に摂取されるとそのまま腸で吸収され、その後、肝臓から腎臓などに移ります。

オルニチンは、肝臓に存在するオルニチンサイクルと呼ばれるアンモニア代謝に関わるほか、肝臓を保護しタンパク質の合成に関わります。そのようなオルニチンとアミノ酸の関係についての基本的な知識について紹介します。

アミノ酸は、人間を作っているタンパク質を生成する成分です。タンパク質によって作られているのは、人間だけでなく植物や動物も同じになります。アミノ酸が作りだしているのはすべての細胞やDNAで、約500種類のアミノ酸が世の中に存在しています。

タンパク質は、一般的に数百から数千のアミノ酸が連なって作られています。このアミノ酸の配置はDNAによって決まっており、配置順や連なる長さでタンパク質の種類や働きが決まります。これは、人間でも植物でも同じ決まり事となっています。

アミノ酸にも種類がある

人間を作っているアミノ酸は、約20種類程度になります。しかし、体内で作りだせるアミノ酸は10種類です。その為、残りの10種類は食事などから摂取する必要があります。この体内で作る事のできないアミノ酸の事を、必須アミノ酸と言います。

必須アミノ酸の摂取が滞ると、身体にさまざまなトラブルがおこります。また私たちの体内の各組織には、分解によってできたアミノ酸や補充用のアミノ酸が存在しています。

このアミノ酸は遊離アミノ酸と呼ばれ、オルニチンもこの遊離アミノ酸にあたります。遊離アミノ酸は、組織内だけでなく血液中にも多く存在し、体内を循環しながらアミノ酸の補充が必要な組織を探しています。

必須アミノ酸を含む食材について

必須アミノ酸には、9種類あります。その為、必須アミノ酸をより多く含んでいる食材を摂取する事を心掛けます。その食材とは、卵や牛乳、肉類などになります。

また、あじやさけ、かつおなどにもバランス良く必須アミノ酸が含まれています。

wasyoku1

他にも、チーズや大豆、しじみなどにも多く含まれています。白米にも必須アミノ酸は含まれていますので、おかずを工夫することによって白米だけでは摂取できない必須アミノ酸を補いましょう。

この必須アミノ酸を含む食材は私たちの日常の食生活になじみの深い食材ばかりです。バランスのよい食事を心がけることで十分に摂れるので、必須アミノ酸が不足しないように心掛けましょう。